素敵な家づくりのコツを伝授|注文住宅で理想を描いているマイホームを手に入れよう

素敵な家づくりのコツを伝授

玩具の家

コンセント・配線系

料理をする、あるいは食事をするときに電気調理器を使う方は食卓の下にコンセントの差込を置いたり、キッチンカウンターの周りにコンセントを置くと便利ですよ。スイッチの場所で失敗しないようにしましょう。

収納スペース

お家のデザインだけにこだわるのではなく、たくさん物を収めることが出来る広々とした収納スペース、場所などにもこだわるといいですよ。収納スペースを設けることで家の片付けもスムーズに行なえます。

生活動線系

お家の片付けがあまり得意ではない方がオープンなリビングやキッチン造りをしてしまうと、急なお客さんなどで困ってしまうことがあるかも。なので生活パターンから最適な間取りを考えましょう。また、電気スイッチやコンセント、収納の位置や扉の高さなど家族に合っていないと些細なことでストレスを感じてしまうはずです。このような事は自分で考えるよりも実績あるスタッフに任せたほうがいいかもしれません。

予算を超えないようなお家づくりをしよう

自分達の予算内で、効率の良い注文住宅づくりをする方法があります。それは、価格帯が大体同じプランの業者をいくつかピックアップして、見積もりを出して比較するという方法です。最近、厚木で人気のある業者の見積りを一括比較できるサイトもあるようなので活用してみるといいかも。

注文住宅にして良かった!利用者からの声をピックアップ

完成写真に惹かれました(40代男性・Mさん)

「そろそろマイホームを購入したいな・・・」って家族と話しをしていた時、子供が可愛い部屋がいいなんて言うもんだから、希望が通る注文住宅に決めました(笑)正直お家が手に入ればいいかなって感じで、とくにこだわりが無かったんですけど完成図を見てびっくり。こんなお洒落なお家に仕上がるなんて思ってもいなかったし嫁も子供も大満足。今はお家に帰るのが楽しみになっています。

親身になって対応をしてくれたので・・・(30代女性・K子さん)

インテリアコーディネートにこだわりたいので注文住宅を依頼!見えない部分まで配慮して家づくりをしてくれましたし、誠実に向き合ってくれたので安心できました。ありがとうございます。

子供がお家を汚してしまうから大変でした(20代女性・Rさん)

いくら片付けをしても子供が汚してしまうので本当に大変だったんです。なのでお家づくりをするときは収納スペースをたくさん設けてほしいとお願いした所、実現してくれました。すぐにおもちゃを取り出せるし、片付けもすぐに出来る!満足です。

家族みんなで住みたいから二世帯住宅にしてもらった(40代女性・S美さん)

注文住宅は二世帯住宅でも対応をしているといことなので依頼をしました。足腰弱いお母さんでも気軽に過ごせるようなバリアフリー設計にしてもらったので、よかったです。

快適に過ごせる素材を使ってもらった(30代男性・Eさん)

春夏は涼しく、秋冬は暖かく過ごせる素材を使ってもらいました。あと「明るい間取りにしてほしいとか」「ここには費用を掛けたくない」とかワガママばっか言ってすいません。笑顔で引き受けてくれて嬉しかったです。アフターフォローが付きなのも安心して任せられる理由の1つでした。

広告募集中